自動車の走行距離について

中古車を購入する上で判断基準の一つとなるのが走行距離でしょう。
昔は10万キロが車の寿命なんて言われていましたが最近では車の性能が
上がっているせいか10万キロを超えてもまだまだ走れる車はたくさんあります。
とは言っても実際に中古車を購入するとなったら10万キロを超える車を
選ぶという人はなかなか少ないでしょう。中古車を購入するにあたって
鍵となる走行距離は5万キロと言われています。例えば4万2000キロの
車と4万7000キロの車がある場合はそんなに走行距離の違いというのは
気にならないという人が多いのですが4万7000キロの車と5万2000キロと
なると4万7000キロの車のほうがよく見えてしまうといった感じです。
走行距離の違いは同じにも関わらず5万キロを超えるか超えないかで判断には
大きな影響を与えてしまうのです。しかし、そもそも5000キロ多く走っている
からといって性能や車の程度にそんなに差が出てくるものでしょうか?
そのぐらいの違いであれば点検整備の状態によっては車の程度が逆転する
ことも十分に考えられるでしょう。それを考えると5万キロが一つの目安に
なっているのであればそれ以上の走行距離の車を狙うことで結果的には
お得な買い物になるというケースも十分に考えられます。